もはやテロw世界一臭い食べ物「シュールストレミング」脅威のアラバスター数値:8070Au

シェアする

スポンサーリンク

「シュールストレミング」と言えば

テレビ番組の罰ゲームで使用されたりしますね。

その強烈な臭いから、「世界一臭い食べ物」と評されることもある

あまりに強烈な臭いで、最悪の場合、失神するケースもある

実際に食べた人によれば…

臭いっ!!そこにいた全員が身をそらすくらいに臭い

魚系の生ゴミといった感じで、風向きが変わり風下になる度に強烈な腐臭を感じます

食べた時も腐っていると思ったが、こいつは鮒寿司の比ではない。
鼻がヤられそうだ

身体が「これは毒だ!身体の中にいれるな」と喉を通してくれない

20代半ばから下の世代に至っては「まずい」「食べたことがない」という人の方が大多数です

となれば、スウェーデンの人はホントに食べてるの?

結論から言うと好き嫌いがあるらしい

「スウェーデン人はこんな臭いものが好きなのか?信じられない」などのコメントも見受けられますが、彼らも好きではありません(笑)

シュールストレミングは地元の人でも好き嫌いが二分するそうです

シュールストレミングを食べるのだけは信じられないようです

スウェーデン人の友達は、シュールストレミングなんて食べ物じゃない、と言っていました

主に北部では食べられているらしい

現地に住んでいて、親類が最北部出身のため、ほぼ毎夏食べています

うちは家族のひとりがスウェーデンの北部出身なので、けっこう食べます

スウェーデンの南部エーランド島では食べる人はあまりいないみたい

美味しそうに食べていますが、やっぱしばらくは部屋中にこの臭いは充満するそうです

塩辛すぎるのでパンに乗せて食べるのが一般的みたい

小さくちぎって、パンにのせて野菜と一緒に食べると結構独特の風味を楽しむことができます

出典シュールストレミングを食べたことのある方 – その他(料理・グルメ) | 【OKWave】

パンなどに、タマネギやトマトやサワークリームなどと共にのっけて、一緒に食べるのが一般的

合わせて飲むのはアクアヴィットやウォッカ、ビールなどのアルコールが多いですね

しかし、なぜ生まれたのか?

北欧に位置するスウェーデンではニシンは豊富に獲れたが、製塩に必要な日射も薪も乏しく、塩は貴重品だった

樽で塩を薄めた塩水で塩漬けにしていたが、腐敗は防げても発酵が抑えられなかった。
これが臭いの原因です

貴重な塩を節約してニシンを保存できるこの方法は、14世紀ごろにはすでにスウェーデン中に広まり

17世紀には王軍の主要な糧食とされるに至ったのがシュールストレミングとなる前の歴史です

出典 https://matome.naver.jp/odai/2144240801935644201

スポンサーリンク

シェアする